FC2ブログ

【旧】binkoh enhanced side b伊沢ビンコウの旧オフィシャルブログ。新ブログのURLはhttp://blog.izawabinkoh.com

-----.-- --スポンサーサイト [スポンサー広告]

Time[--:--] Comment[-] Trackback[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2007-04.12 Thu引越し元にて [つらつら]

Time[00:18] Comment[-] Trackback[-]
なんか微妙に放置プレイな様子でしたが、実のところどっちかつーとむしろ掛かりきりでした。

はい、そんなわけで、

www.izawabinkoh.com

www.binkoh.com

www.izawabinkoh.com

引越しっ(>,<)b
*PC/モバイル両対応

理由はたくさんあるんですが、WEBサイトだけだった頃と違い、ブログを始め、活動スケジュールを始め、週刊ビンコウを始め、携帯対応を考えて..とやっていくうちに、つぎはぎだらけで管理がややこしく、加えて活動スケジュールなんかは不安定でライブ前の肝心な時に表示できなくなったりと、諸々そんなこともあってこの度安定したサーバーへの引越しとなりました。

ちなみにブログもhttp://blog.izawabinkoh.comへ引越し。
*PC/モバイル両対応

このfc2ブログもPCで見る分には全然良いんだけど、ケータイで見ると上部にでかでかと色っぽい広告が..(=,=)
別にソッチが嫌いなわけは無いんですが(笑)、一応歌い手のオフィシャルブログとしてはどうなんかというのもあって、ブログもおかしな広告が出ないところへ。

このブログは旧ブログとしてめったなことが無い限りひたすら残しますが、www.binkoh.comは一定期間後アクセス出来なくなりますので、大変お手数ですがブックマーク変更をお願いします。


ということで、以後ブログ更新はhttp://blog.izawabinkoh.comにて。
引き続きどうぞよろしくですー/

伊沢ビンコウ
スポンサーサイト
 

2007-04.07 SatThe Way [つらつら]

Time[23:46] Comment[6] Trackback[0]
さて昨日は渋谷7th Floorにて「アウェイ」のレコ発イベントでした。
ご来場の皆様、誠にありがとうございました~(>,<)!

レコ発っていうか発のエレキギターギュイ~ンに沸いた夜でした。オレがっ。
いや、それだけじゃなくてさ、フジタカズキ君とか絹子ちゃん、7thのスタッフ一同様、バンドメンバーとそして何より来てくれた皆さんのおかげ様でいや、ホント、もう感無量でした。

イェ~ィなんつー感じで調子乗ってピアノガンガン弾いたらホコボコ間違えまくったバリバリ爪割れまくっちゃって弱~。オレ弱~(-,-)v

明日の桜木町どうすんだよオレ。
弱~(*,*)

ちゅーことで、レコードも発売し、無事レコ発も終え、そして日々は続いてゆくわけで、泣いても笑っても続いてゆく日々ならば、少しでも笑っていこうではありませんか。

次回のライブは..なんとまぁいろいろありますが、敢えてひとまずの一押しを挙げるならやっぱりAkagi Cafe、かな?
そのあたりの情報は活動スケジュールへ。

7thでの写真は後ほど追加します~/

 

2007-04.03 Tue感謝 [つらつら]

Time[19:55] Comment[7] Trackback[-]
ビンコウです。

明日はいよいよ2nd.ミニアルバム「アウェイ」の発売日。
なんつって今日すでに新宿あたりで視聴しましたなんていう声を頂きました。
も、もう売ってんのね(=,=)
そういや前回もそんな感じだったかも。

レコーディングはずいぶん前に済ましたような気もしますが、こうやって店頭に並ぶとなると、また改めて気が引き締まります。

いつもライブに足を運んでくれる皆さん、遠方でライブになかなか行けないけどCD聴いてるよ~という皆さん、決して表には出ないけど堅実に仕事を進めるスタッフの方々、共に真剣に遊びながらサポートしてくれるミュージシャン兼悪友達、応援してくれている友人達、じいちゃんばあちゃんと親族の皆様、そしておやじと母さん、伊沢ビンコウに温かく厳しい全ての眼差しに感謝して、これからも一歩一歩進みます。

どうもありがとうございます。



リリースに伴い、公式サイトに[リクエスト]というメニューを作り、ラジオや有線、TVやネットなどリクエスト可能と思われるメディアへのリンクを一覧しました。
何気に効果絶大だったりするので、お手隙でどしどしリクエストしてやって下さい。
どうぞよろしくお願いします。

 

2007-03.31 Sat29,30 [つらつら]

Time[19:02] Comment[8] Trackback[0]
29日 @原宿 Cafe Ratia

ratia.jpg

この日はSAX渡邊勇人が助っ人してくれて、ブログや週刊ビンコウで触れたこともあってかわざわざ聴きに来てくれた方もいたので、前回よりも少し空気を読んで歌えたような気がした。
レストランやカフェでのオープンライブとなると、普段のハコライブと違う点ばかりでなかなか悩ましいが、しばらく続けてみて糧にしたい。


そして30日は高田馬場 天窓.comfort

ベース高井さんの車で送って頂きながら、流れる景色に満開の桜が何度も過ぎていった。
そうか花見に行かなくちゃと今更ながら思い、すぐにべつに行かなきゃいけなくはないかとか、何で気が付かなかったのかとか、ぼんやり思いながら向かった。

ピアノ弾き語り+ウッドベース高井亮二(i-dep)+カホン橋谷田真という、前回の.comfortよりさらに削いだ編成で望んだ。
ギター浩二に頼れないぶん自分のピアノの粗が気になってしまい、それに釣られて所々で歌の集中力が散漫になってしまったような後味。アンケートにも厳しい意見が多かったが、楽しんでくれた方や励ましの声も含め有難く読ませていただきました。
来ていただいた皆さん、本当にいつもありがとうございます。

オープニング・アクトとして出場されたハナイコウヘイさんとは久々の共演で、MCでも言いましたが僕は本当に恥ずかしいぐらい彼のファンです。彼の持つすばらしい歌声と楽曲と詩に、毎回鋭く心をえぐられます。
本番までの間彼と楽屋で長いこと話をし、似た境遇もあってとても実りある意見交換を、と書くと硬いな、とても楽しかった(笑)。
いよいよ4/4発売の新作「アウェイ」に収録されている「このままゆく」という曲は、実は彼の曲をライブで隠し録りした(リアルにファンなの)ものを聴いていてインスパイアされた曲だったりします。
ぜひ機会をみて彼の歌を聴いてみて下さい。



今日で3月も終わり、明日から4月。
4月は先にも触れたリリースと、そして4/6には渋谷7th Floor伊沢ビンコウ主催のレコ発イベントがあります。
これも.comfortのMCで言いましたが、伊沢ビンコウとしては恐らく初のエレキギターでグィ~~ン(俺が弾くわけはない)なこれぞバンドサウンド!なライブになります。
共演者の絹子さん、フジタカズキ君も素晴らしく、これはたっぷり楽しめるイベントになる予感プンプンです。皆さんぜひ多少無理してでも(笑、でも本気)遊びに来て下さい。

ご予約はinfo@binkoh.comまでお名前と人数を送信下さい。
お待ちしてます。

よい春を/

 

2007-03.26 Mon@レストラン・コモ [つらつら]

Time[15:05] Comment[6] Trackback[-]
行って参りました。
千葉、印西牧の原。

como01.jpg

千葉育ちの伊沢さんも初めての地。

と思ったら着いてびっくり、隣の駅で昔デートしたことありました(=,=)
思わず懐かしくなる伊沢さん、早くも地元気分全開でなぜか駅を激写。
何をやっとるんだアイツは by スタッフ

荷物もあったし道もわからんのでタクシー。ものの3分で着く。オーイェーv

como02.jpg

嬉しいことに、お店のいたるところに西日にやられた伊沢さんが。

ドーム型の店内はそこだけ別世界。

como03.jpg

特殊な天井の作りのせいか、2階席隅のヒソヒソ話が反対側の1階席隅でもまるで隣で話しているかのような臨場感で聞こえてしまうという、無条件一体型の空間。すっげーの。

ちなみに真ん中のイケメンダンディーは、ワンガンミュージックプロジェクトの仕掛け人であり、元走り屋でサーファー、レストラン「エル・コラソン(http://www.el-corazon.net/)」オーナーのカルロスさん(国籍不明)。



ライブは小一時間。
ほぼ始めてのお客さんばかりということで、前作「Key of Life」と今作「アウェイ」中心の選曲とカバーを数曲という構成。途中からゲストにSAX渡邊勇人を迎えての後半はじわ~っと盛り上がった、ような気がします(-,-;)

ええ、鍵盤はもっと頑張ります。ハイ、すいません。


終わった後はコモの店長さんと料理長さん、そして近所のハヤト君とでスナップ。

como04.jpg

いるよね、アルバム見直してまともな写真が一枚も無いヤツって。


最後まで聴いて頂いたお客様の皆さん、どうもお騒がせしました。
CDをお買い上げ頂いた皆さま、本当にありがとう御座いました。
ちょっと距離があるのでなかなか難しいかもしれませんが、機会をみてぜひまたお会いしたいと思います。
今後ともぞうぞよろしくお願いします。


片道1時間半、実りの多い一日でした。
関係者の皆様、お疲れ様でしたっ/

 

2007-03.24 Satネーミング [つらつら]

Time[00:40] Comment[7] Trackback[0]
ハードっていろいろ意味あるからさ。

ごめん、ホントどうでもいいんだけど、何か妙に入った。

あ、4月のスケジュール何点か追加しましたので、お手隙でチェックしてみて下さい。ちなみにここ数日でまたどんどん追加決定されると思います。

ご都合の良い日にはぜひどうぞー/

 

2007-03.20 Tue◆週刊ビンコウ◆創刊、したものの。 [つらつら]

Time[02:52] Comment[21] Trackback[-]
ここ数年分のアンケートを見直して、頂いたメールアドレスとお名前をデータ化するのに丸二日使いました...(+,+)

火事があったらこれだけは持って逃げるね。絶対。

ブラインドタッチ出来ない自分と、これまでアドレスを書いてもらいながらそのままにしておいた自分を呪ったけれど、どうにか無事に(たぶんね)◆週刊ビンコウ◆創刊号配信出来ました。

実は配信一時間前になって実際にドコモの携帯にテスト送信したところ、頭のご挨拶くらいで尻切れてしまい、調べてみると各々の端末で受信文字数設定を変更しないと250文字以上のメールは切り捨てられるとのこと。な...なんじゃそりゃ(+,+)
しかも最大の2000文字(それでも少ねぇ)受信可能にしても250文字ずつ分割受信されて、元のままだと6通のメールに分割。これじゃ創刊早々スパム扱いされかねない。
それにしてもドコモ、コラ、2007年だぞ。ITと叫ばれてもう何年も経つぞ。しかもあんた携帯電話キャリア最大手だろぉぉぉぉがぁぁぁ~。なんじゃ今時そのヘタレな仕様は~(T,T)

つーことで、すっかりPCメールで読んでもらうつもりで書いた内容のほとんどを削り、何とかドコモ携帯で3通のメール以内に収まるようにしました。
かなりバッサリ削ったのにそれでも3通。もーホント腹立つ、ドコモ。殿様商売しよって。あ、使ってる人ゴメン。あなたは悪くないの人デス。

なんだ~ブログで結構煽ったわりには短いじゃ~んとか思っちゃった方、ホントはもっといろいろ書いたんだよぉぉ。

それにしても、今後もドコモのこの仕様には泣かされる気がします。
やっぱ結構使ってる人いるし無視は出来ないからねぇ。はぁ(+,+)

 

2007-03.18 Sunひさびさキッチン [つらつら]

Time[19:32] Comment[12] Trackback[0]
普段は外食ばかりの伊沢さんだが、ふとたまには作ろうかと思って。

炒めて、煮るじゃん。

まぁ、そんな大そうなもんが作れるはずもなく。

もう出来上がるじゃん。

カレー。

盛り付けヘタクソね。

ちょっとね、写真の具合が全然うまそうじゃないけどね、わりとイケるよ。

で、

いっぱい作ったからね、しばらくずっとこればっか食うさね(-,-)



【業務連絡】*重要

ただ今、伊沢ビンコウのメールマガジン週間ビンコウ(笑)ビンコウ(泣)創刊の準備が進められています。
これまでライブのアンケート等で情報配信を希望していただいた方宛てに近日中にお届けされる予定ですので、特に携帯メールアドレスで受信フィルタを設定されていて「あ、アンケートに携帯メアド書いたかも」という方がいらっしゃいましたら、お手隙で【info@binkoh.com mag@binkoh.com】からのメール受信を許可していただきますよう設定をお願いします。
大変お手数ですが、何とぞよろしくお願いします。

内容は、主にちょっとした裏話や小ネタとその週のライブやプロモーション、リリースの情報をお届けする簡単なものから始めて試行錯誤してゆこうかと思ってます。

また、創刊に先駆けてwww.binkoh.comに購読開始/解除のフォームを設置しますので、アドレス書いたか覚えとらん!とか、こっちのアドレスに送って欲しい!とか、そもそもいらん!(泣)という場合はそこから設定も可能になります。

なにぶん始めての事ばかりで不手際があるかもしれませんが、生温かい眼差しでどうぞひとつよろしくですb

 

2007-03.16 Fri店頭ポップ! [つらつら]

Time[18:35] Comment[7] Trackback[0]
会社に来てだ、レイアウトしてみたり、切ったり貼ったりしてだ。

…なんで自分でやってるのかは置いといてだ、これが全国のCDショップへCDと共に並ぶわけでして、これもまた大事な仕事さね。

行ってらっしゃい。

やっぱポップでしょ、ポップ。

 

2007-03.15 Thuよござんした。 [つらつら]

Time[15:40] Comment[14] Trackback[0]
大吾の太くてハスキーなのにハイトーンで抜けてくる声と、帆乃佳ちゃんのどこまでも透明でありながら艶っぽいバイオリンとコーラスがすばらしいバランスだったaluto、4人ともそれぞれの個性がありながら一つのグループとして完成されたステージを見せて、魅せてくれたPsalm、そして最初から最後まで暖かく耳を傾けてくれていたお客さんの皆さんとその全てを縁の下で支えてくれた多作スタッフの皆さん…、いや、ホントすばらしい夜でした。

あの場に立って歌えたことが嬉しいです。
どうもありがとうございました。

東京連結